これから社内マニュアルを作る方必見|3つのメリットとは?


「社内マニュアルはなんのために作るのだろう?」
「社内マニュアルを作るメリットは何?」
「良い社内マニュアルを作りたい。」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。

社内マニュアルについて、新入社員の時に「なぜこんなにも長いマニュアルを読まなければならないのか」とうんざりされた経験がある方は多いのではないでしょうか?

今回は、そんな社内マニュアルのメリットについてご紹介します。

□メリットその1

*意識統制

社内マニュアルを作る一番のメリットとしては、やはり社員の意識を統制できることでしょう。
いくつもの社内ルールをマニュアルに落とし込むことで社員の意識を統制し、無駄なミスを減らすことができます。
マニュアル通りに行動することができればミスが減り、生産性の向上にも繋がります。

□メリットその2

*会社の全体像がわかる

マニュアルが会社全体で共有されているものであれば、全ての社員が多くの情報を共有できていることになります。
部署ごとにマニュアルが作成され共有されている場合、他部署の人がどのような仕事をしているか知ることができ、よりお互いのことを思いやった仕事が可能になります。

他部署のマニュアルを閲覧することが可能であれば、会社全体の業務内容についてより具体的に知ることができます。
他部署に移動することになっても、マニュアルを読んだことがあるとよりスムーズに仕事が始められます。

このように、社内マニュアルを作ると会社全体の風通しをよくすることができます。

□メリットその3

*研修期間を短縮できる

業務について詳細な社内マニュアルが作られているならば、新入社員の研修期間を短縮することができます。
マニュアルを見れば仕事ができるほど内容が充実したものであれば、社内研修において業務に関して細かく説明する必要がなくなります。
そのため既存の社員を研修の監督に当てる必要がなくなり、より効率的に仕事ができます。

しかし、業務内容に関して研修期間が必要なくなるほど充実したマニュアルを作るには、かなりの情報量が記載されていて、なおかつ誰が見てもわかりやすいものでなくてはなりません。
「マニュアルを見ながら業務を進めたのにミスが連発しいている」というようでは、ほとんどマニュアルの役割を果たせていません。

良いマニュアルを作るには、誰が見ても誤解なくわかるような文章で、かつ業務の漏れがないようなものにしなければなりません。

□最後に

社内マニュアルのメリットについてポイントごとにご紹介しました。
といっても、今回ご紹介したメリットは、わかりやすいマニュアルであることが前提です。
会社に合った良いマニュアルを作成できれば、業務をより効率化できるかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です