Wordで原稿や文章を書く際の基本的なポイントを解説します!


「Wordでビジネスの文書を書くときには、どんなことに注意すべきなんだろう?」
「Wordをあまり使ったことがないから、文書や原稿を書くことに自信がない。」

こんな悩みを抱えていらっしゃる方はいませんか?
Wordという単語はよく耳にしますし、実際に使う機会も多いと思います。
しかし、あまりパソコンを使い慣れていない、Wordで文章を書いたことがあまりない方にとって、原稿の作成は難しく感じられるかもしれません。
そこで、この記事では、Wordでビジネスの文書を書く上で押さえておきたいポイントについてまとめました。

□Wordで文章を書くポイント

※装飾する際はまとまりを意識する

文章を書く際には、太字や斜字、下線やカラーを使用することが多いでしょう。
しかし、これらの装飾を何も考えず使用すると、統一感がなく見づらい文章になってしまいます。
そこで、これらの装飾を付ける際は、自分で法則性を決め、使うとき、使わないのメリハリをつけるようにしましょう。
そうすることでまとまりがあって読みやすい文章となると思います。

※余白の活用をする

Wordで文書を書く際に、余白について意識をしたことがありますか?
実は、余白の有無や量が読みやすさに大きく関わります。
余白がなく字や文が集中しており、凝縮された文章は読みにくいという印象を読み手に与えてしまいます。
そのため、文字間隔や行間隔は一定程度空けるようにしましょう。
また、改行を頻繁に行なうことや、図の周りに余白を作ることを意識するとより効果的になります。
もちろん、余白の作りすぎ、空けすぎも読みにくさの原因となるため注意しましょう。

※フォントを使い分ける

内容によって、文書のフォントを使い分けている方は少ないのではないでしょうか。
すべて同じフォントで書かれた文章は、パッと見て何の内容なのかが伝わりづらいです。
一方で、フォントを使い分けることによってメリハリがつくため、強調したい部分がはっきりと読み手に伝わります。
例えば、見出しや伝えたい部分をゴシック体にすると良いでしょう。

□終わりに

Wordで文書を書く際のポイントについてまとめてみました。
ビジネスの現場で文章を書く機会は非常に多いですよね。
その上で、このようなポイントを知っておくことは、仕事で関わる人と良好な関係を築く上で非常に重要だと思います。

また、弊社では文書の印刷や製本に関する業務全般を承っております。
印刷業務についてご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です