社内マニュアルってどうやって作るの?作り方はこれで完璧!


「社内マニュアルを作りたいけど、どうすればいいか分からない。」
「マニュアルなんて初めから作るなんて不安だな。」
起業したばかりの会社や新しい仕事を進める際には、マニュアルは不可欠です。
しかし、マニュアルなんて作ったことがないという方が大半なのではないでしょうか。
そこで今回は、初心者でも簡単に社内マニュアルを作る方法についてご紹介します。

□社内マニュアルの作り方

早速、社内マニュアルの作り方についてご紹介します。

*内容の大枠を決める

最初にすることは、内容の大枠を決めることです。
大枠とは具体的に言うと、誰に向けたマニュアルなのか、いつ使用するマニュアルなのかということです。
このような大枠をあらかじめ決めておくことで、この後の作業がとてもスムーズになります。

*構成を考える

大枠が決まれば、次に構成を考えましょう。
同じ作業の手順を説明するにしても、説明する手順の順番を変えるだけでその理解度は異なります。
読んでいる人が分かりやすいような構成にしましょう。
ここでのポイントは、主観的に考えすぎないことです。
一人だけで内容を考えると、主観的なマニュアルになりがちです。
そのため、他の人にできたマニュアルを読んでもらい、適切な構成になっているか確かめてもらいましょう。

*内容を詳細にする

大体の構成が決まったら、次にひとつひとつの内容を深めていきましょう。
大まかな説明だけでは読んでいる人には伝わりません。
詳細な説明にすることで分かりやすいマニュアルになります。
ここでポイントは、見出しを細かく分けることです。
見出しを細かく分けると、段落の文章量が多くなっても区切りが生まれ、内容が分かりやすくなります。

*下書きを作る

内容が詳細になれば、清書の前に下書きを作りましょう。
ここでのポイントは、マニュアルのページ数や文字の大きさです。
実際にマニュアルとして読む際に、ページ数が多すぎたり文字が小さすぎたりして読みにくくないか確認しましょう。

*改善と印刷

最後に、下書きで見つけた改善点を修正し、印刷をしましょう。
印刷の際には、紙の種類や印刷する部数に注意しましょう。

□まとめ

以上、社内マニュアルの作り方をご紹介しました。
マニュアルと聞くと作るのが難しいイメージがありますが、手順を守れば簡単に作成できます。
この記事を参考に、満足のいく社内マニュアルを作成してみてください。
また、この記事を読んで疑問に思うことや相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です