社内マニュアルの作り方のコツ|明確な目的と意図編



「社内マニュアルを作るよう指示された…」
「社内マニュアルを作る上での注意点はなんだろう?」
「見やすい社内マニュアルを作りたい。」
社内マニュアルについてこのようなお悩みを抱えたことはありませんか。

社内マニュアルを作るよう指示されたことがある方は少なくないかと思います。
全社員が確認する社内マニュアルを作る際は、不備のないようにとかなり緊張されるかもしれません。
そんな方々のために、今回は「社内マニュアルの作り方」についてお伝えします。

□作成の目的を明確にする

社内マニュアルを作り始める前に、まずは「なぜこのマニュアルを作るのか」という目的を明確にしましょう。
目的を明確にする前に作成を始めてしまうと、途中で方向性がブレてしまう可能性があります。

何のためのマニュアルかを常に意識しながら作成すると、伝えたいこと以外の余計なことを省くことができ、シンプルかつわかりやすいマニュアルになるでしょう。

□作成後、どうなっていたいか

作成の目的を認識したら、次は「マニュアルを導入することで会社はどうなるか」を意識しましょう。
単にマニュアルを作っても業務の制度が改まらないのであれば意味がありません。
せっかく苦労して作るのですから意味のあるものを作りたいですよね。

読んだ人が行動を変えてくれるようなマニュアルを作りましょう。
作成後のことを考えると、マニュアルに意味を持たせやすくなります。

□すっきりはっきり書く

マニュアルはすっきりはっきり書くように心がけましょう。
社内マニュアルというと、どの部署の人が見るかわかりません。
誰が見ても内容が明確になるように作成しましょう。

目的や意図が明確になっていれば、余分な情報を盛り込んでしまうことが少ないので、すっきりとしたマニュアルが作れるでしょう。

また、内容量が多くなりがちなマニュアルが、専門用語ばかりで読み取りづらいと、あまり良いマニュアルとは言えません。
誰が見てもわかりやすい言い回しを使ったり、専門用語について説明を加えるようにしましょう。

常に読者を意識して、「読みやすく理解しやすい」マニュアルを作りることが大切です。

□最後に

マニュアル作るときは、作成を開始する前にマニュアルの全体像を先にイメージしておくことが大切です。
マニュアルを読んだ人がどう思うかを特に意識してみてください。

弊社では専門家による相談を無料で行なっています。
数多くの冊子やマニュアル作りのお手伝いしてきた私たちだからこそ、できるアドバイスがあるかと思います。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です