社内マニュアルを作る際に注意すべきポイントとは?


皆さんの中には社内マニュアル作成を任された方もいるのではないでしょうか。
作る際には注意すべきポイントがいくつかあります。
今回は社内マニュアルを作る際に気を付けたい注意点についてご紹介します。
「作るのに慣れてきた」「どこに注意したらいいか分からない」といった方必見です。

□社内マニュアルはどうして作る必要があるのか。

社内マニュアルを書くにあたって、「どうして作るの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。
例えば、忙しい日々の業務や社員の教育に時間を取れない会社が多くあります。
そういった会社にマニュアルがあれば、人員を配置しなくても社員を教育することができますし、誰でも一定の仕事ができるようになります。
仕事を効率化するためにマニュアルは作る必要があるのです。

 

□マニュアル作成のコツ:仕事の内容を徹底的に分析しよう

普段の仕事内容を徹底的に分析してみましょう。
分析してみると、足りていない部分、無駄なところが見つかると思います。
分析することで浮かび上がってきた改善すべきところが明確に分かるので、社内マニュアルを作る際には必要不可欠な作業です。
作り始める前に一度、普段の仕事内容を分析してみましょう。

 

□マニュアル作成のコツ:複数人で作ろう

上司や先輩に頼まれて作っている方の多くは一人でほとんどの部分を作っている場合が多いでしょう。
しかし、一人で作るのはおすすめできません。
理由としてはマニュアルを利用するのは一人ではないからです。
実際に使う場合は今仕事に関係している人から、これから先利用する人までたくさんの人が関わっています。
よいマニュアルを作るには、ある程度完成したマニュアルを複数人で改善していく必要があります。
複数人で改善していくことで新しい発見や見落としていた点に気づくことができるので、より良いものを作るのに役立ちます。

□マニュアル作成のコツ:取り扱う範囲を決めておこう

もしも取り扱う範囲を決めないで作ってしまうと、仕事に直接関係のない内容を載せてしまい、仕事を非効率化してしまうかもしれません。
書き始める際はまず、取り扱うべきものと必要のないものに区別しましょう。
区別したものを参考に、取り扱う範囲を決めて作りましょう。
範囲を決めておくことで、まとまった内容になりますし、作る時間を短縮することもできます

□まとめ

今回は社内マニュアルを作る際に注意すべきポイントについていくつかご紹介しました。
今まであまり意識していなかった、行ってなかったポイントあったのではないでしょうか。
この記事を参考に社内マニュアルをより良いものを作っていきましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です