社内マニュアル作成の際に気を付けるポイントとは!?


「社内マニュアルを作成する必要がある」
「どのような部分に気を付けるべきだろうか、ポイントを教えて欲しい」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?
社内マニュアルはたくさんの人が目にするものであるからこそ、気を付けるポイントが多くあります。
では具体的にはどのようなポイントがあるのでしょうか。
この記事では社内マニュアルを作成する際に気を付けるべきポイントについてご紹介します。

□社内マニュアルの必要性とは

そもそも社内マニュアルを作成する必要性を明確にしないと、分かりやすいマニュアルを作成することができません。

*個人依存のリスクを減らすことができる

もし社内マニュアルが存在していなくて、新人教育を行う暇がない場合、業務を行える人が限られるため業務が依存してしまいます。
個人に依存してしまうと、長期的に見ると大きなマイナスです。
しっかりと社内マニュアルを用意することで依存を減らすことができます。

*業務経験が少なくても仕事を行える

業務を行ったことがない人はどのようにして業務を進めていくのかを知りません。
業務内容を知らない人が勝手に業務を行うのはとても危険です。
しかし、マニュアルを用意することで一定レベルの仕事を行うことができます。

*成績評価の材料になる

社員を評価する場合は基準を作る必要があります。
マニュアルを作成し、しっかりとした判断基準を作ることでモチベーション向上につながります。
では、実際に社内マニュアルを作成する際にはどのようなことが必要なのでしょうか。

□社内マニュアル作成の際に気をつけるべきこと

*5W1Hを意識

マニュアルでは必ず「誰が、いつ、どこで、何を、なぜ、どうやって」の5W1Hを意識しましょう。
初めて作業を行う場合、5W1Hがないと理解に時間がかかるため、効率が悪くなります。

*専門用語を使わない

社内マニュアルを読んでいる全ての人が専門用語を知っているわけではありません。
人によっては理解しづらくなる可能性もあるため、専門用語は極力使わないようにしましょう。

*図解を入れる

文章しかないマニュアルよりも、適度に図解の入っているマニュアルの方が理解しやすいです。

□まとめ

この記事では社内マニュアルを作成する際に気を付けるべきポイントについてご紹介しました。
社内マニュアルを作成することで作業を効率良く進めることができます。
また、当社では作成したマニュアルを印刷していただくことが可能です。
印刷に関するお悩みがありましたら当社にお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です