俳句集の原稿はどうやって作る?作る際のポイントを解説


「俳句集を作りたい」

「俳句集の原稿を作る際のポイントを知りたい」

などとお考えの方はおられないでしょうか?
俳句を書く方であれば、書いた作品をどうせならまとめて残しておきたい、と考える方も多くいらっしゃることでしょう。
しかし俳句集の作り方がいまいち分からないという方も多いでしょう。
そこで、この記事では、俳句集の原稿を作る際にはどのようなポイントに注意すればよいのかについて解説していきます。

□そもそも俳句集はどうやって作る?

俳句集を作る際に、まず必要になるものは原稿です。
デジタルでもアナログでも構いませんが、製本化するためには原稿を作る過程から始めます。
その後に製本化を行うという流れであり、原稿作りは俳句集を作る上で非常に重要な作業です。

□製本のサイズに合わせる

原稿を作る際にはどれくらいのサイズで製本するのかをあらかじめ決めておき、そのサイズに合わせて原稿を作ることが大切です。
異なるサイズで作ってしまっても、後からサイズを変えることはできますが、やはり原稿サイズが違っていると完成度に差が出てきてしまいます。
そのため、原稿を作り始める前に原稿の大きさを決めておくことで、違和感のない俳句集を作ることができます。
原稿の大きさは作る側の好みで決められますが、一般的に俳句集はA5サイズで作られることが多いので、そのままA5サイズで作るのが良いでしょう。

□レイアウトやデザインにこだわる

俳句集にこだわりを持っている方が多くいらっしゃります。
俳句集には思い入れを持つ方も多くいらっしゃるため、レイアウトやデザインにこだわることで、より良いものにしたいものですよね。
俳句集は、作成者が読者に対して頭の中にある世界観や印象を届けるために、普通の本とは異なってスペースの取り方や文字の並べ方が特殊であることが多いです。
他にも表紙のデザインを自作の絵にしたり、思い出深い写真を載せたりして、工夫を加えることが大切です。
このように満足できる作品を作るために、原稿を作る際にはレイアウトやデザインをあらかじめ決めておくようにしましょう。

□最後に

ここまで、俳句集の原稿を作る際にはどのようなポイントに注意すれば良いのかについて解説してきました。
これらのポイントを意識しているかそうでないかで完成度に大きな差が生まれます。
俳句集を作ることを検討されている方は、ぜひこの記事を参考にして、素晴らしい俳句集を作ってみてくださいね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です