社内でマニュアルを作成する際のコツとは?これを読めば作成できる!


「社内マニュアルを作りたいけど、失敗したくないな。」
「うまく作るコツやポイントがあれば知りたいな。」
社内マニュアルを初めて作成する方は、事前に知っておきたいのではないでしょうか?
そこで今回は、社内マニュアルを作成する方必見の、知っておきたいコツを紹介します。

□作成の際のコツ

早速、社内マニュアルを作成するコツを見ていきましょう。

*社内マニュアルの意義を知る

まず、社内マニュアルをどうして作成するのかを知っておくと良いです。
そうすることで、具体的な目的をもってマニュアルを作成できます。
よくある社内マニュアルの目的としては、業務の効率を上げるため、業務内容を一般的にするためというものがあります。
つまり社内マニュアルを作成する多くの目的は、誰でも同じ質の業務ができるようにすることとなっています。

*全体像を分かりやすくする

次に社内マニュアルを作成する際には、全体像を分かりやすく書くことを意識しましょう。
読み手がマニュアルを読んで全体像を思い浮かべることができれば、短い時間で内容を把握することができます。

*業務での目標や具体的な行動を明確にする

社内マニュアルを作成する際には、各業務での目標を明確に記載しましょう。
具体的には、その業務を行う際の目標数値や、達成するまでの期間を記すと良いでしょう。
目標を明確に表すと、マニュアルを読んでいる人も自分の業務が上手くいっているのか判断しやすくなります。
また、目標の数値以外にも具体的に何をすれば良いか行動ベースで書かれてあると良いでしょう。
具体的な行動が書いてあると、読んだ人もすぐに業務に移れるうえ、会社としての生産性も上がります。
マニュアルを読んでも何をすれば良いか分からない、と困る方がいないように注意しましょう。

*チェックリストを設ける

最後に、マニュアルにチェックリストなどの確認項目を設けておくことがおすすめです。
確認項目を設けることで、マニュアルを読んだ人自身で業務に抜け漏れがないか確認ができます。
自分で業務内容を振り返る機会を与えることで、成長スピードも上がるでしょう。

□まとめ

以上、社内マニュアルを作成する際のコツをご紹介しました。
社内マニュアルを少し工夫するだけで社員の働きやすさは大きく変わります。
ぜひこの記事を参考に、分かりやすい社内マニュアルを作成してみてください。
また、社内マニュアルの作成に関して分からないことがあればぜひお問い合わせください。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です