セミナー資料を作成したい!必要なポイントを解説します!


「セミナー資料を作成するんだけど、原稿ってどうやって作るの?」
「セミナー資料を作成する際のポイントがあれば知りたいな。」

セミナー資料は会社や学校など多くの場面でよく使われます。
原稿からうまく作りたいという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、初心者の方必見、セミナー資料の原稿を作成する際のポイントについてご紹介します。

□原稿を作成する際のポイント

*誰に向けたセミナーであるか意識する

セミナーをするうえで対象者を決めることはとても大切です。
同じセミナーでも若い人に向けたものか、高齢者に向けたものかで資料上の表現は大きく異なります。
セミナー資料の原稿を作成する際に、誰に向けて作成するのかを決めておきましょう。
また原稿を作成する段階で対象者を決めることで資料の軸が決まります。
セミナーを運営するうえでも作業効率が上がるので、ぜひ予め決めてください。

*内容を簡潔にする

セミナーで説明する内容は難しい内容であることが多いです。
そのため、配布する資料では、後から読んでも分かるように簡潔な内容にしておきましょう。
具体的には、できるだけ難しい言葉を使わないことや、専門用語に解説を入れることがあります。
知識のない人でも簡単に内容を理解できるように配慮しましょう。

*文章表現を揃える

原稿を作成する際には文章表現を揃えるよう心がけましょう。
例えば、〜です。」や「〜である。」が混在した文章になっていませんか?
文文末表現は語尾が統一されていると読みやすくなります。
文末の表現では、丁寧語か断定の口調かで統一しましょう。

*印刷前にサンプルを作る

印刷を開始する前に、サンプルを一部作って確かめてみることをおすすめします。
サンプルを作ってみると、思ったよりぺージ数が多かったり、見たときに読みにくかったりすることがあります。
印刷をする前に改善点が見つかればやり直しができ、より見やすい資料になるでしょう。

□まとめ

以上、セミナー資料を作成する際のポイントをご紹介しました。
セミナー資料を読む人の立場になって考える、文章表現に気をつけることで資料の質が高まります。
また印刷の前には試し刷りを行い、ミスがないかどうかしっかり確認しましょう。
この記事を参考に、誰にとっても分かりやすいセミナー資料を作成してみてくださいね。
また、セミナー資料の作成に関して分からないことや相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です