社内マニュアルって何?その概要をご説明します。


あなたは社内マニュアルを作ったことがありますか?
この記事では、社内マニュアルの概要について説明します。
初めて社内マニュアルを作るとなると何から手をつけていいのか分からないですよね。
では、まずは社内マニュアルとは何かを見ていきたいと思います。

□社内マニュアルとは

社内マニュアルとは、社員が仕事を行う際に何を考えているのかということや、仕事の詳細を記載するもののことです。

社内業務を標準化し、社員が仕事をスムーズに遂行できるようになることを目的としています。 社内マニュアルを作ることで、未経験の新入社員や、仕事に関する専門的な知識を有さない人でもその仕事をすぐに理解できるようになります。
そうすると、先輩社員や前任者がその仕事について教育する必要がなくなり、時間やコストを大幅に削減することにも繋がります。
社内マニュアルは仕事を初めて行う人だけに役立つわけではありません。

社内マニュアルを作る際に、仕事内容を一つ一つ確認しながら作成するため、それまで感覚的に行っていた仕事の進め方を見直すきっかけとなり、より良い作業方法が見つかる場合があります。
また、社内マニュアルで標準化された仕事を、社員が皆同じ知識を持ち、同じ方法によって遂行することになるので、仕事の成績評価がしやすくなります。

□社内マニュアルの中身

社内マニュアルには、「仕事の流れ」「仕事の内容とその担当者」「数値や時間などの仕事の達成基準」「社内マニュアルで使われる用語の意味」「仕事のノウハウ、トラブルシューティングの方法」が含まれていると、新入社員を含め、誰でも仕事内容を理解しやすくなるでしょう。

また、誰が、何を、いつまで、どこへ、どのタイミングで、ということを明確に記すことも重要です。

□チェックリストとは

社内マニュアルの一部にチェックリストというものがあります。
チェックリストには、「出張申請書」「レシートや領収書などの移動費の根拠資料」「上司の署名・捺印」「出張レポート」などが含まれます。
チェックリストを作成すると、仕事のミスが減り、仕事の時間を短縮できるというメリットがあります。

□まとめ

社内マニュアルについて分かっていただけたでしょうか。
社内マニュアルを作成することで、仕事の標準化ができ、未経験者が仕事を覚えやすくなるだけでなく、仕事の成績評価がしやすくなるなど、メリットがたくさんあります。
ぜひ社内マニュアルを作ってみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です